こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

InDesignパッケージを圧縮するとフォントが0KBに - DTP Transit

というエントリで、Clean Archiverという圧縮ソフトを使って入稿すると、フォントなどのファイルが0KBになってしまうという現象が紹介されていました。

Clean Archiverというソフトウェアは、Windowsのユーザーへデータを送る際に便利なソフトですが、Mac特有のファイルには対応できないようです。

吉田印刷所では、ずいぶん前からデータ入稿を受け付けている関係上、圧縮に使って頂くソフトウェアを指定しています。

指定の圧縮ソフト以外でも解凍して作業を試みることはできますが、できれば指定の圧縮ソフトを利用頂ければありがたく思います。

圧縮関連の情報は、
■圧縮 関連:DTPサポート情報
http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/cat105/cat106/index.html

にてまとめてございますので、ご覧ください。
スポンサーサイト

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 



吉田印刷所では、東京オフィスを置いており、東京方面のお客様の対応をしています。(このブログの以前の記事

今まで、東京オフィスの情報がホームページに用意していなかったのですが、この度、吉田印刷所のトップページから東京オフィスの案内ページがご覧になれるようになりました。

印刷の仕様やお見積もりでご相談などがある時にご利用下さい。

続きを読む »

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

MacFanという雑誌で、2008年のDTP環境アンケートを実施しているというお話を、「QuarkXPress関連メモ:★☆★DTP環境アンケート 2008年版実施中★☆★」を経由して知りました。

このアンケートは、毎年実施されているもので、アンケート結果は、雑誌に掲載されます。

アンケートは参加者が多いほうがいいですので、参加されてみてはいかがでしょうか。

■Mac Fan 2008年版 DTP環境アンケート
http://macfan.jp/
(トップのバナーからアンケートへ)

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

地球に優しい自動販売機-1
この度、社内に設置されていた自動販売機を、ドリンクベンダー様に相談して、地球にやさしいタイプのものに変えてもらいました。

地球に優しい自動販売機-2

新しい自動販売機には、上記の様なステッカーが貼っていました。

地球に優しい自動販売機-3

「地球温暖化防止を、身近なところから。」と書かれています。私たちにもなにかできないでしょうか。

吉田印刷所では、グリーンプリンティング製品という、環境配慮の印刷物を製造することができます。

印刷物も身近なところにある品物ですよね。環境配慮製品にご興味をもたれましたら、ご相談くださいませ。

■グリーンプリンティングマーク(GPマーク)Q&A - 吉田印刷所[印刷会社]
http://www.ddc.co.jp/eco/green-printing-qa.html

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

InDesignCS3.gif
米国Adobe Systemsにて、Mac版Adobe InDesign CS3 5.0.4アップデートが公開されているという話題がありました。

引用元:InD-Board:アップデータ / YUJI

アップデータ / YUJI
InDesign CS3とInCopy CS3の5.0.4 update(all languages)が配布されています。
http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=4029
http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=4031


ということのようです。上記URLのうち、上がMac版InDesign CS3 5.0.4 Update、下の方がMac版InCopy CS3 5.0.4 Updateとなっており、Windows版は現時点で存在しておりません。

過去に、アドビは一度公開したアップデートを引き下げたりしたことがあり、アップデートの適用に関しては慎重になった方がいいと思います。基本的には、Adobe Updateにて表示される前にアップデート対象に表示されるまではインストールしないのが賢明です。

特に、InDesignに関しては、現在作業中の仕事が完了するまでは、Adobe Updateに表示されていたとしても、アップデートしないのが、印刷事故を起こさないコツになると思います。

今回引用した掲示板は、国内のInDesignの情報が集まる場所ですので、このような場所で情報収集をしているとよろしいかと思います。

吉田印刷所では、InDesignの勉強部屋のYUJI様の許可を得て、過去ログを掲載していますので、ご活用ください。

■InDesignの勉強部屋
http://bbs.ddc.co.jp/mt/indesignbbs/index.html

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

先月行われたPRIMEDEX TOKYO 2008というイベントを紹介する記事を以前掲載しましたが(JGAS2006からPRIMEDEX TOKYO 2008へ)、社団法人日本グラフィックサービス工業会(JaGra)が運営する印刷専門放送局「ジャグラBB」にて、PRIMEDEX TOKYO 2008の模様を見ることができるようになっています。



行きそびれてしまった、東京の展示会はなかなかいけなくて…という人もいるかと思いますが、このようなインターネット放送で展示会の様子が見られるのはとてもありがたいですね。

■社団法人日本グラフィックサービス工業会(JaGra)
http://www.jagra.or.jp/official/main/

■ジャグラBB - 印刷業のためのWebラーニングサイト:HOME
http://www.jagra.or.jp/jagrabb/home/top/

■PRIMEDEX TOKYO 2008
http://www.primedex.jp/

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 

日本語の文章の書き方で、「縦書き」、「横書き」というものがあります。印刷屋さんとしては、文字を「書く」のではなくて「組む」といいますので、「縦組み」、「横組み」といいますが、一般的にはやはり「縦書き」、「横書き」という表記の方がとおりがいいのではないかと思います。

さて、その縦書き、横書きについて、R25.jpというサイトで、記事が掲載されていました。R25というのは、リクルートが発行している、首都圏を中心とした駅などに設置されたスタンドで無料配布されているフリーマガジンのことで([R25とは?][配布場所])、創刊当時、東京に行く用事がある人におみやげとして持ってきてもらった記憶があります。

[雑学] 「縦書き」vs「横書き」その歴史にズームイン! | RxR | R25.jp

「横書きは外国語をまねて、幕末から明治初期に生まれましたが、当初は外国語を理解するインテリ層の左からの横書きと外国語に詳しくない庶民の右からの横書きがありました」

ちなみに、戦後まで2種類の横書きは並列して使われていたとか。ただ、欧米の言語に触れたインテリは、30字足らずの文字で何でも書ける合理性にショックを受けて、漢字廃止を唱えた人たちもいたそうです。


いまだに自動車の側面に書かれる手書き文字は、2種類の方向の横書きが存在していますよね。それは、船舶の船名が船首の方から書かれていて、それの名残だと聞いたことがあります。もっとも、企業ロゴが描かれる場合は、左右反転して使うわけにも行きませんし、最近では自動車のどちらの側面でも、左側から書く例もよく見られます。

印刷物の制作の現場では、文芸書籍は圧倒的に縦組み(縦書き)が多いですが、チラシなどはほとんど横組み(横書き)になっています。

パソコン上で印刷物の原稿を制作するDTPシステムが始まった当初は、舶来品であったため縦組みに苦労することが多かったのですが、現在では、縦組み・横組み両対応のシステムに進化しています。

現在では、ソフトの対応よりも、操作する人の知識によるところが大きくなってきています。例えば、横組みであれば「3.14」などとなる小数点が、縦組みだと「三・一四」と入力する、などの組版ルールが存在しています。

縦組み、横組みの文章があったら注意してみらるとおもしろいかもしれません。

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 


半年前に公開した「PDFフォント○×チェッカー」ですが、おかげさまで、PDFのチェックの利用回数が半年間で9000回を超えました。

印刷会社が提供するオンラインツールとしてはかなり利用されていると思います。これからもご愛顧頂き、皆様のお仕事のお役に立てればと思っています。

お気づきの点がございましたら、吉田印刷所までご連絡ください(トップページ下方にお問い合わせフォームを設置してございます)。

■PDFフォント○×チェッカー
http://pdf.printjapan.com/

こんにちは! 特売プレスの担当「よっくん」です。

 


先日、ひたすら明朝体の「の」を表示させる動画、というのが注目されました。

■[dtp][others]「の【明朝体篇】Ver1.0」ニコニコ動画に。
http://d.hatena.ne.jp/n-yuji/20080927#p1

が作者様の記事です。せっかくなので、この記事でも動画を表示させてみました。



いろんな明朝体(または仮名書体)の「の」が表示され続けます。1種類表示されるごとに動画内でカウントされている数字がカウントアップしていきますが、どこまでカウントされるか不安になります。



書体をコンピュータで取り扱うときは、「フォント」といいますが、制作側で使ったフォントと同じものが出力側で用意していないと、ちゃんと出力できません。しかし、「の」だけでもこんなに種類があります。出力側ではそんなにフォントを用意していない……

そんなときは、フォントのアウトライン化やフォント埋め込みという方法で解決できます。

特売プレスのPDF入稿なら、フォントの埋め込みしたPDFを作っていただければ、弊社に用意されていないフォントでも印刷物にすることができます。フォント埋め込みで無くても、ソフトによっては、フォントのアウトライン化をしていただくことでも入稿可能です。

PDFの印刷のご相談は、吉田印刷所・特売プレスにご用命ください。

■特売プレス
http://www.ddc.co.jp/tokupre/index.html

当社のコンテンツへ


当社コンテンツの注目度

吉田印刷所・特売プレスのはてなブックマーク数 www.ddc.co.jp
特売プレスblogのはてなブックマーク数 blog/Support
DTP関連掲示板過去ログのはてなブックマーク数 bbs/PastLog
DTP・印刷用語集のはてなブックマーク数 blog/Words
PrintJapan.comのはてなブックマーク数 PrintJapan.com
dtppdf.blog91.fc2.comのはてなブックマーク数 ココ

→注目度とは??


広告


プロフィール

特売プレス(印刷会社)

Author:特売プレス(印刷会社)
FC2ブログへようこそ!



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。